So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

黒豚ミニかつ丼セット @そば処 よしわら [タベアルキ]

DVC00633.JPG

牛久市住宅街に在る そば処 よしわら さんにて、
お薦めのミニ黒豚かつ丼セット(960)をいただきました。
セットにするとそばまたはうどんが選べるので、お蕎麦にしました。

着席するなり、お茶とともにブロッコリーとミニコロッケ。
お昼ご飯で突き出しが出てくるって初めてだ。
献立から選んで⇒注文して⇒茹でる時間も苦にならないはず。
二段重にかつ丼とざるそば。マカロニサラダ、たくあん、そば湯。
初めにお蕎麦をいただく。コシがあってシンプルで旨い。
関東風のおつゆに薬味(葱・山葵)を少しずつ加えて味変。
かつ丼はタマネギとタマゴの甘さが引き立つ風味。
黒豚はもちろん上質、肉らしい歯ごたえと脂の旨み。
ご飯もたっぷり敷き詰められており、そば湯をすすりながら飲み込んだ。
ミニにしてはどちらもなかなかの重量感でした。
ざるそばとカツ丼の弁当二個完食したような満タンの胃袋。
メニューに無かったけど食後にコーヒーが出てきてよかった。
おかげでゆったり消化できました。ご馳走さま。

お爺ちゃんお婆ちゃんが経営するかなり年季が入った佇まい。
けれどお人柄良く、お値段もきっと昔のまんま。
今まで考えもしなかったが、そば屋のランチっていいな。
もつ煮、ハンバーグ、サバの味噌煮、、、定食セットも種類が豊富。
うどんじゃなくて、お蕎麦ならカロリー増でも健康的!としておこう。
元気で続けてほしいからまた食べに行こう。



nice!(14)  コメント(2) 

♯585 ジェイド <サントリーホール・シリーズ> [Classic]

新日本フィルハーモニー交響楽団 第585回 定期演奏会 ジェイド
@サントリーホール(2018/03/17)

しばらくLIVE が無いので、代わりにクラシックコンサートへ。
場所はサントリーホール、一度訪れてみたかったところです。
すり鉢状で天井高く気品がありました。スタッフが燕尾服なんだ。
音が全方向に飛ぶ、どの席からも近く感じる、ちょうど良い空間。

今回は指揮者自らが作曲したオーガニック三部作。現代音楽です。
テーマである水、紙、大地(陶器)をそのまま楽器として活用していた。
水をぴちゃぴちゃ、紙をがさがさ、奏者が思い切りかき鳴らしている。
心地好いハーモニーよりもパフォーマンス重視。
不協和音、不規則なリズム、どうにも乗れなくて硬直することも。
自然現象とか催事なんかを丸呑みしたような印象だった。
最終曲は壺や植木鉢のような陶器と、
オカリナみたいな笛を起用しちゃんと音階がありました。
オーケストラと溶け込んで、ふつうに聴けましたよ。

空席が目立っていたし、途中で退席するオッチャンもちらほらいた。
現代音楽とクラシックは別物で好みが分かれるところであるが、
胡散臭さ、新しいアイディアを大真面目に奏でている姿が可笑しいのよ。
カラダは乗れずもココロでニヤリ。
新日フィルさん よくやったよ (^.^)


指揮:タン・ドゥン
パーカッション:ベイベイ・ワン、藤井はるか、ジャン・モウ、柴原 誠

タン・ドゥン:オーガニック三部作
Tan Dun’s Organic Music Trilogy
水の協奏曲 ~ウォーター・パーカッションとオーケストラのための~
Water Concerto for water percussion and orchestra
紙の協奏曲 ~ペーパー・パーカッションとオーケストラのための~
Paper Concerto for paper percussion and orchestra
【日本初演】
大地の協奏曲 ~セラミック・パーカッションとオーケストラのための~
Earth Concerto for ceramic percussion and orchestra


DVC00657.JPG
紙のドラムと紙の垂れ幕を揺らして叩いて擦って破って。



nice!(12)  コメント(0) 

ギュウスジカレー @月出里 [タベアルキ]

DVC00602.JPG

牛久6号線の和定食屋、月出里(すだち)さんで休日ランチ。
焼き魚や生姜焼きの中に、ギュウスジカレーがあった(700)。
メニューはちょっとづつ変わっているようです。当たり前か。
おっ、注文したカレーはアツアツの鉄鍋で本格的。
サラダ、らっきょと福神漬け、豚汁、ご飯はお替り無料、コーヒー。
うん、メイン以外は他の定食と同じ配列だな。
ご飯とカレールーが別で、んん?と予想外だったのだが、
スープのようにサラッとしていて、この方が食べやすいか。
肝心の辛さは市販の中辛レベル、水なしでも飲める。
具材は大きなジャガイモ、人参、玉ねぎ、お肉。
ゴロっとした無骨な野菜とスジ肉独特の食感。
それから豚汁も根菜やおイモがたっぷりで、おふくろの味。
定食屋のカレーは食欲を加速させる組み合わせ。
もっちりしたどんぶり飯もスムーズに減っていく。
これ大当たりでした。うまかった。ご馳走さま。(^.^)

四月より 孤独のグルメ season 7 ですって。
テレビ捨てるって書いたけど撤回。
バッテリーが死んだノートパソコンは限界の限界まで頑張ってもらう。
あと、上原(YG)も応援しないとな。


nice!(15)  コメント(0) 

MOGWAI @ 新木場 STUDIO COAST [Live 2017~]

MOGWAI @ 新木場 STUDIO COAST (2018/02/27)

Father John Misty, The XX, Ride,,, オールスルー。(T_T)
昔はもうちょっと行けたんだけどねぇ、そうは言ってられない。(+_+)
如月は来日ラッシュで最も楽しい月なのに終わっちゃった。(-_-;)
疲れも溜まっているけど、1つぐらい行かないとほんと死んでしまうから、
愛しのモグワイをビシッと浴びてきました。!(^^)!

今回は新譜を引っ提げての JAPAN TOUR 。
フェスだけでなく単独も来てしまった。もぐたんは常習性があるな。
整理番号が悪かったので会場の端っこで観賞しましたが、
きっとフロアの何処で聴いてもラウドな音量の厚みと衝撃は一緒だよね。
徐々に聴覚が逝かれていくと、平衡感覚がくらぁとなります。
美メロな曲群もまぜまぜグニャグニャの状態。
ぼわ~んとして、なんの曲だかあやふやになる感覚に陥りました。
ふわふわしているうちに本編終了。小休止でちょっと復帰。
そんでアンコールで最も好きな Mogwai Fear Satan
大爆発でビクッとなる、あの、わかっちゃいるけど堪らない瞬間。
ドン って音圧が突き抜けた。CDを大音量で聴いても体感できない震え。
毒を以て毒を制す、良い薬物処方になりました。
・・・深夜に帰宅しても耳の状態は戻りません。余韻が強制的だ。
こうでもしないとやってられないんだわ。

DVC00642.JPG
LIVE の感想もボヤキだらけになってしまった。(^_^;)



nice!(15)  コメント(0)