So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

N響「夏」2018 [Classic]

N響「夏」2018 に行ってきました(2018/07/20)。

ひさしぶりのNHKホールで、王道のクラシックコンサート。
シベリウスの今回初めて聴いた楽曲は独特のメロディでした。
フィンランドの大地と文化を思わせるような郷愁感。
民謡的なリズム、楽団とヴァイオリンとの駆け合いがとてもよかった。
ブラームスは、うん、ちょっと重いね、叙情的で重々なサウンド。
それでもユニゾンなところとかベートーヴェンを彷彿させるところとか。
サラステ氏の分かりやすい指揮っぷりで、置いてけぼりにならずに済んだ。
尋常ならざる暑さでぐったり、かなりおかしくなっていたけれど、
静かなる音のパワーを受け取りました。
この灼熱地獄なんとか乗り切らないと。(^_^;)

【曲目】
指揮:ユッカ・ペッカ・サラステ
ヴァイオリン:バイバ・スクリデ
シベリウス / アンダンテ・フェスティーヴォ
シベリウス / ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
ブラームス / 交響曲 第1番 ハ短調 作品68

DVC00560.JPG
夏の特別公演はアンコールもたっぷりでした。



nice!(12)  コメント(0) 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。