So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

TWO DOOR CINEMA CLUB @ 渋谷 TSUTAYA O-EAST [Live 2019~]

SUMMER SONIC EXTRA 2019/08/15
サマソニ2019 に出演する2組の単独公演に行ってきました。


Support Act: CIRCA WAVES
まさかの対バン型式で会場はソールドアウト。
CDは一応持っているけれど、初めてのLIVE 鑑賞。
果たして、全曲軽快でスットレィ~トなロックンロ~ル。
甘く通る歌声と原曲のメロディがイイね、容姿端麗かっこよかった。
正味40分。前座にしておくのがもったいない贅沢な感じでした。


TWO DOOR CINEMA CLUB
舞台は赤いセットで組んで、メンバー3人の衣装も統一。
今年でた新曲を織り交ぜて演奏を繰り出していく、、、
が、やっぱり1st アルバムが一番盛り上がるね、会場のノリが桁違い。
すっかり禿げたアレックスのビシッと決めるポーズが笑える。
4枚のアルバムがそれぞれ独立していて奇抜なイメージも、、、
否でもすごい、全曲知ってる、聞き取れる、思わず口ずさんじゃう。
引き出しが多いというか、毎回増えていって、楽しませてくれます。
MCは挨拶程度、みっちりぎっしりの80分、至福の時間でした。

来年の今頃は東京オリンピックで音楽イベントは自重するのかな。
夏フェスだけでなくクラシックコンサートなんかも影響されるのでしょうか。
ココだけの話、すげぇがっかりだよねぇ。

DVC00930.JPG
整理番号が700番台で、とうに肉眼で見ることは諦めていたのに
二階バルコニー席がひとつ空いとったとです。ちょこんと座れて視界良好。
どなたか知りませんが有り難うごぜぇます。セットチェンジ中も快適でした。


nice!(9)  コメント(0) 

最近聴いてみたCDとか 2019/08 [へなちょこレビュー]

今夏、この暑さ、カラダが慣れぬ。太陽が恐ろしい、沈むまで待つ生活。


4580211853290.jpg
ANIMA / Thom Yorke
トム氏のソロ作品は馴染むのに時間が掛かることもあるのですが、
今回は取っ付きやすいサウンド・メロディですね。
快いビートは職人芸、丁度いい暗さ、中毒性たっぷりな一枚。
サントラ扱いはもったいない。


4580211853214.jpg
I Am Easy To Find / The National
前作 Sleep Well Beast の延長戦ではなさそう。
女性ヴォーカルの参加で若返った。見事に生まれ変わった。
あれ以上枯れたらしぼんでしまいそうだったし。
インディロックのアンチエイジングでした、美メロですわぁ。


888072067356.jpg
MassEducation / St.Vincent (2018)
「マスセダクション」のリメイク版「マスエデュケーション」。
ピアノ一台と綺麗な声が印象的。まさに弾き語り。
リメイクというより新作のような輝きがある。
2枚を聴き比べたりしてます。


DVC00912.JPG
ヴァンパイアウィークエンドのCD特典プレゼントに応募して、
ファーザー・オブ・ザ・ブライドの告知ポスターが当選。
実のところ目玉グッズのサイン入りTシャツはパスして、ポスターにしました。(^_^;)
ハガキは当たるね。誰も送らないんだろうね。
何処の部屋に貼ろうかねぇ?ポスターだらけになってきたよ。



nice!(17)  コメント(0) 

ポークタンシチューとクリームコロッケ @クックdeアムール [タベアルキ]

DVC00868.JPG

家から歩いて通える唯一の洋食店、クックdeアムールさんでランチ。
今回の日替わりは、「ポークタンシチューとクリームコロッケ」
行くたびにちゃんと日々替っているね(スープサラダライス/880)。

お肉の豚タンはナイフでそっと切れるやわらかさ、独特の食感。
黒っぽいシチューはほんのり苦みの効いた大人の味わい。
ちょっと苦みとコクのあるソースを使うのがココの特徴なのかしら。
クリームコロッケはレギュラーメニューにも掲載されていて、
いつか食べてみたいと思っていた。グットタイミングです。
そとはサクッと、なかは身がタップリ、クリーミーで甘い。何個でもいけそう。
サラダやスープ、ミックスベジタブルやポテトはいつも通りなんだけど、
豊富な種類が良いのよ、色々あると口直しができるし、食べ応えがあります。
美味しかった。安定のクオリティでした。ご馳走さま。

次から次へとお客さんがやってきて、常に満員に近い状態。
サッと食べて直ぐに出ました、なんだろこの人気ぶり?
そのうち行列になりかねないな。それはちょっと困るのだが。(^^ゞ
新規開拓しつつも、自宅周辺の外飯はだいたい決まってきたかな。
今後も定期的にお世話になりそう。


追記
映画 「この世界の片隅に」 をTVでみました。
何気なくチャンネルを変えただけなのに、、、
そのまま見続けて、、、お酒も飲んでて、、、泣きそう。
最近のアニメ映画はおじさんには不向きと思ったんですが、、、
思ってたのと違う、画風と異なり緊張感もあって、傑作じゃないですかね。
録画しとけばよかったね。


nice!(13)  コメント(2) 

目玉焼きハンバーグピラフ @CAFE モボ・モガ [タベアルキ]

DVC00904.JPG

渋谷の喫茶店、モボ・モガさんでランチ。
目玉焼きハンバーグピラフ(ドリンク付き1300)をいただきました。

日替わりランチはだいたい、この大きなワンプレートなのね。
{(ピラフの上にハンバーグ)の上に目玉焼き}の横にサラダ。
ドリンクはアイスコーヒーにしました。いつも一緒。

たっぷりかかった特製のソース(デミグラス風)が兎に角美味しい。
平たいハンバーグは、しっとりとしてうまみが後からくる、200g ぐらいありそう。
目玉焼きは彩りに抜群の効果、無くてもあまり気にしないけど味変に使える。
ハンバーグランチはよくあるけれど、ライスがピラフなのが良いね。
ピーマンマッシュルームオニオンにバターの香り、自然に進むよ。
もともと洋食好きなんですが、ガッツリ食えるカフェ飯も良いよな。
今回もおなかいっぱいです。ご馳走さま。


今週末はフジロックのライブ配信鑑賞。
不安定な天候ですから、家でぼーっと眺めるのも悪くないね。
今まで縁のなかったアーティストを知るきっかけにもなるし。
SIA は遠目からの映像で素顔が分からんかったけど。
今夜は JAMES BLAKE と THE CURE です。みんな見ましょう。


nice!(14)  コメント(0) 

N響「夏」2019 [Classic]

N響「夏」2019 @NHKホール(2019/07/19)

当日券があったので、結局来てしまった。
NHK交響楽団による夏恒例のコンサート。
気鋭の演奏家を呼び寄せてさ、
超有名な交響曲を堂々とやっちまうのが良いよね。
もぎたての夏野菜のような新鮮な感じがするもんね。
ピアノ協奏曲かっこよかったっぺ。
今月二度目のクラシックコンサートは、きりっと軽快、優雅でした。
最近ちょいと通い過ぎかもしれないけれど、、、
いざオーケストラの生演奏が始まると、、、
MUSIC に集中して無になる、無心になる瞬間があるのよ。
これが日常では感じない、スッキリ感があって気持ちいい。

【曲目】
指揮:ディマ・スロボデニューク
ピアノ:シモン・トルプチェスキ
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18
シベリウス/交響曲 第2番 ニ長調 作品43

DVC00907.JPG
マケドニア出身のシモンさんは日本語で挨拶してくれました。
13年振り2回目の来日なんだとか。
さくらさくらを歌うピアニスト。アンコールが一番強烈だった。(^^ゞ


nice!(17)  コメント(0) 

オムライス @キッチンチェック [タベアルキ]

DVC00896.JPG

東京芸術劇場へ行く前にちょっと腹ごしらえ。
キッチンチェックさんでオムライスをいただきました。
平日 1400-1700 はお味噌汁が付いてタイムサービス800円。

付け合わせはポテトサラダと、
オニオンドレッシングのフレッシュサラダ。
たまごが均一に包って綺麗、まさに洋食屋のオムライス。
ごはんの具材は、ベーコン、ピーマン、タマネギ、マッシュルーム。
ちゃんと食感が分かる、それぞれ存在感がある。
ケチャップとデミグラスが掛かっていて、味しっかりめ。
ソースの付いていないところは、玉子焼きの優しい味、ここも好き。
出来立てアツアツを頬張る。シンプルで美味い。やめられなくなる。
こういう一皿が自分で作れたらとつくづく思う。
あっという間に食べちゃうけど。(^^ゞ


日本のプロ野球の話。
オールスターゲームをぼんやり見てました。ダラダラ感がお酒に合う。
前半戦あまり見てなかったけど、巨人いつの間にか首位になってる。
上原は引退しちゃったし、新戦力で活躍しているのは丸選手ぐらいか。
これが昨年ヨシノブ監督でできたなら。阿部が引退する前に観に行こうかな。



nice!(18)  コメント(0) 

響きあうアジア2019ガラコンサート [Classic]

響きあうアジア2019ガラコンサート@東京芸術劇場(2019/07/01)

ベトナム、タイ、フィリピン、インドネシア、ミャンマーのオーケストラと、
時々、日本の高校生(吹奏楽部)が現れる特別編成のクラシックコンサート。

司会の朝岡さん(元アナウンサー)が流暢で会場内を和ませる。
演奏者とのこてこてな絡みに加え、曲紹介がとても分かりやすい。
博識のない素人には司会付って楽チンだね。
本公演のプログラムは勇ましい重厚なものが並んでました。
小林氏の特別な指揮でいっそう情熱的に+混沌的なりました。
これこそ東南アジアの熱風なんだとか。とことん長所を伸ばすタイプかも?
そう言われると、なんとな~くオリエンタルっぽく聴こえたし、
ラストの大序曲「1812年」は総勢80人ならではの大迫力で感動。
お堅い文化交流事業の催し物であるけれど、ちゃんと娯楽として楽しめた。
梅雨空を払いのける、否、よりムシッとさせる変なエネルギーを帯びてました。

【プログラム】
指揮:小林 研一郎
ヴァイオリン:瀬﨑 明日香
司会:朝岡 聡

ヴェルディ:「アイーダ」より“凱旋の行進曲”
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
シベリウス:交響詩「フィンランディア」
小林研一郎:「パッサカリア」より“夏祭り”
・・・休憩20分・・・
ベートーヴェン:「エグモント」序曲
チャイコフスキー:大序曲「1812年」

DVC00901.JPG
演奏者あるいは指揮者によって会場の雰囲気って全く変わるね。
上手いヘタじゃないよね。クラシックコンサートの再発見でした。



nice!(14)  コメント(0) 

最近聴いてみたCD 2019/06 [へなちょこレビュー]

気が付けば2019年も折り返し。早すぎだっぺさ。

887828042821.jpg
The Art Of Pretending To Swim / Villagers (2018)
ヴィレジャーズの4作目。昔見たときは地味に感じたんだけど、
これまでで一番、コナー・オブライアンの個性が出ているかも。
明と暗、曲のジャンルにとらわれない、スルメな作品。


zaP2_G8384357W.jpg
The Balance / Catfish and the Bottlemen
ぶっきらぼうで、どこか斜に構えているイメージだったのだが、、、
今回はさらに王道だ。骨太なロックだ。どこまでひねくれているのやら。
個性的なボーカルにギターとストレートで爽快、聴いてて気持ちいいです。


zaP2_G2936203W.jpg
Father of the Bride / Vampire Weekend
前作から6年も経てば当然変わるか。さわやかさとピースフルな雰囲気。
内に籠るインディっぽさから脱却、外へ解放するポップへ。
アク(アフロっぽさ)が消えてすっきりしちゃった。
彼らの分岐点になりそうな作品。


zaP2_G2931702W.jpg
LIVE IN BUENOS AIRES/ LIVE IN SAO PAULO/
A HEAD FULL OF DREAMS (FILM) [2CD+2DVD]
Coldplay のライブ映像とドキュメンタリー映画の2本セット。CD付き。
スゴイな、ど派手な演出、多幸感、主流のEDMに勝っているな。
それこそ2003年のLIVE DVD から見続けているけども、もぉもぉ代表曲だらけ。
これが集大成であり通過点でもあるのね。


うすうす感じてはいるけれど、ここ数年は新鮮さよりも、
偏移(変化)に気を取られてばかり。初見の感想も一緒になっちゃう。
好みのミュージシャンはなかなか発掘できなくなった一方で、
流行のPOPSはちょっと違うんだよなって感じることが多くなった。


nice!(17)  コメント(0) 

シーフードとほうれん草のカレー @DIPIKA [タベアルキ]

DVC00669.JPG

牛久のネパール料理店 DIPIKA さんでランチ。
Bセット(ドリンク、サラダ、ナンお替り自由、800)をいただきました。
日替わりのシーフードとほうれん草のカレーを辛口で、飲み物はラッシー。

ここのシーフードカレーは初めて食べました。
ほうれん草のペーストがまとわりついてよく分かんなかったけど、
エビがメインで、アサリ、イカなど?が入ってました。
ちいさな具材のわりに海鮮の風味が味わえた。
辛口でもまろやかな刺激でヒリヒリ感もそれほど残らない。
ナンは30センチを超える大きさ、ほんのり甘くてもちもち。
とにかく焼き立てはパリッとして旨いわ。
で、ちょっとルーが余っちゃって、さらにハーフサイズをお替りしちゃった。
うん、でもこれが、、、余計だったみたい。しばしお腹が張って苦しかった。
きっと胃の中でパンパンに膨張しているに違いない。
たまに食べるとほんと美味い、でも配分がメチャクチャだったね。
いい加減自分の歳考えないと。ご馳走さま。(^^ゞ


サマソニのステージ別ラインナップが発表されました。
っていうかとっくにチケット売り切れてたのね。気付かんかった。
売り切れってわかるとちょっと欲しくなるよね、
まぁ深夜枠のつもりだったからいいけどさ。
とりあえず夏をどう過ごすか、そろそろ考えておかないと。



nice!(17)  コメント(0) 

チーズとトマトのハンバーグ @キッチン ポンム・ドゥ・テール [タベアルキ]

DVC00800.JPG

竜ヶ崎の洋食屋、キッチン ポンム・ドゥ・テールさんでランチ。
初めてだったのでオススメ(日替わり)をいただきました。

「チーズとトマトのハンバーグ」 (スープサラダライスソフトドリンク1300)

こじんまりとした店内にご主人ひとり。
ご主人に注文を告げると、颯爽と厨房へ戻って料理開始。
キッチンからたたく音、焼く音とか匂いとかダイレクトに伝わる。
最初にスープ皿到着。さいの目状の野菜がてんこ盛なコンソメタイプ。
スープをすすりながら待ってるとハンバーグetc も到着。
まんまるハンバーグはふわっと柔らながら、ぎゅっと詰まっている。
チーズがとろけてその上から濃厚なトマトピューレがたっぷり。
トマトと肉汁の組み合わせって結構好きなんだよね。
チーズの塩気とペッパーが効いてしっかりと力強いような味付け。
付け合わせのダイコンなんかも中まで味が浸みて美味い。
サラダ、スープ、食後のドリンクどれもなかなかのボリューム。
食後のカフェオレでまったりと外を眺めておりました。この時間が至福だ。
野菜もとれたしね、おじさん好みの充実したランチだった。ご馳走さま。
牛バラのシチューとかポークカツのデミソース丼も食べてみたい。



nice!(15)  コメント(0) 
前の10件 | -