So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

煮込みハンバーグとキスのフライ @クックdeアムール [タベアルキ]

DVC00822.JPG

牛久の、クックdeアムールさんでランチ。
日替わりランチ「野菜たっぷり煮込みハンバーグとキスのフライ」
(コンソメスープ、サラダ、ライス、880)をいただきました。

煮込みハンバーグはとってもやわらかで優しい口溶け。
お肉が隠れるぐらいたっぷりかかったデミグラスソースには、
牛蒡人参タマネギ等、見た目じゃ分らなかったけども野菜がいっぱい。
野菜の歯ごたえとほろ苦いソースが印象的。
キスのフライはパン粉がサクッと、身はふんわりとこちらも対比する食感。
酸味の効いたタルタルソースが美味い。卵の濃厚さ。
一口二口で食べてしまうのがもったいないくらい。
付け合わせのキャロットやポテトは2つのソースを絡めて食べちゃった。
全部美味い。私好みの洋食ランチ。ご馳走さま。

一時休業されていただけに、ありがたみがあるわね。
都会に住んでると笑われそうだけども洋食店が皆無でね。
復帰してもらって良かった。



nice!(10)  コメント(0) 

つくば鶏もも肉のソテー @ふらんす食堂 CHEZ Nakajima [タベアルキ]

DVC00760.JPG

牛久シャトーのレストランは2018年いっぱいで閉店。
牛久駅周辺の飲食店舗は年々減る一方、安否確認をかねて、
ふらんす食堂 CHEZ Nakajima さんへ再訪。

今回も「つくば鶏のもも肉ソテーに粒マスタードソース」(1080)。
以前はお肉もかわっていたんだけど、チキンソテーに固定されたよう。
プラスアルファで別メニューもあるそうなんですが、、、、
予算オーバーになっちゃうんで。もう日替わりランチとは言えないね。(^^ゞ
ちょっと残念。時の流れはあるわね。ディナーに来なきゃダメみたい。

皮はこんがりと、肉はふっくらと焼きあがっている。
やわらかくてナイフは要らないな、割り箸でいただきました。
サラダもその方が食べやすいし。
あいかわらずキノコと粒マスタードのソースは美味しい。
温められたパンはこのソースとよく合います。ご馳走さま。
珈琲で一服して、これはこれで良いんだけれど、、、、
おばちゃんの巣窟になってました。やむをえないか。(-_-;)


悪口ばかりになっちゃって申し訳なく候、話題替えます。
ボヘミアンラプソディをお正月に二度目見ました。
ただ単に、、、再び LIVE 疑似体験をしてみたかったのです。
QUEEN ってバンドを映画見るまできれいさっぱり忘れてましたね。
こういうきっかけってとても貴重なんですね。
なんて魅力的なんだろうって思うとともに、幻聴が鳴り止みません。
職場でしゃべってみたけれど、見た人ゼロでした。くぅ~(T_T)



nice!(14)  コメント(2) 

《響の森》vol.43 ニューイヤーコンサート 2019 [Classic]

ニューイヤーコンサート 2019 @ 東京文化会館 2019.01.03

毎年恒例の新春クラシック。
今年は新日フィルではなくて、都響のコンサートへ。
ポロネーズで新年らしく明るいスタート。
サクソフォン協奏曲はサックスとオーケストラの掛け合いが良かった。
ジャズっぽい要素が盛り込まれた現代音楽でした。
ジャズとかジャズっぽいとかいうフレーズに弱いっす。面白かった。
交響曲第4番はピチカートのところでちょっと眠くなっちゃったんだけど、
第4楽章?の号砲でビクッとなってから、フィナーレまでの盛り上がりは高揚しましたね。
すべて初見だったので新鮮ではありましたが、、、
サイド席だったため首を終始横にキープしていて、姿勢がおかしくなる。
肩こり持ちにはちと辛かったです。映画鑑賞と同じくポンコツっぷりが身に染みる。


【プログラム】
演奏 東京都交響楽団
指揮 川瀬賢太郎
サクソフォン 須川展也

チャイコフスキー:歌劇『エフゲニー・オネーギン』より「ポロネーズ」
グレグソン:サクソフォン協奏曲
チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調 op.36
ソリストアンコール:ドゥーン河のほとりにて(アイルランド民謡)

DVC00826.JPG
初めて入った東京文化会館。なかなか個性的な構造でした。
これで行ってみたかった都内のホールはだいたい制覇。
B席はリーズナブルだけど、高所恐怖症の人には不向きだね。奈落へ落っこちそう。
来年はどこのコンサートにしようかね。


nice!(17)  コメント(0) 

Favorite Albums of 2018 [Albums of the Year]

P1_G4408261W.jpg

1. MOVE THROUGH THE DAWN / THE CORAL

2. GODS FAVORITE CUSTOMER / FATHER JOHN MISTY
3. 7 / BEACH HOUSE
4. MARBLE SKIES / Django Django
5. UNIFORM DISTORTION / JIM JAMES
6. JOY AS AN ACT OF RESISTANCE / IDLES
7. THE FUTURE AND THE PAST / NATALIE PRASS
8. BLOOD / RHYE
9. AND NOTHING HURT / SPIRITUALIZED
10. COMBAT SPORT / VACCINES
オマケ HUNTER / ANNA CALVI


2018年のお気に入り・よく聴いていたCD。
一応あたしにとって新鮮なアーティストもいれたつもりだけど、
傾向として代わり映えしません。

第1位は ザ・コーラル。
おそらく誰も選択することはないでしょうが。(^^ゞ
兎にも角にもこのバンドが大好きなんだよなぁ。
ポップなアルバムを出すことはもうないだろうって思っていたからね。
ごひいきなしで再生回数トップでした。
地味~な作品が並ぶ中で、ジャケットがふざけ過ぎる一枚。

第2位は ファーザージョンミスティ。
2017年のPURE COMEDY と2枚同時に買って、さらに染みるね。
(そう考えると、昨年の順位も変わっていたり、いなかったりします。)
叙情的でもあるし、少しひねくれてるし、確信犯的な心地良さがある。

カマシワシントンは漏れちゃった。CD2枚、否3枚組はちと長すぎた。
サマソニ行って目撃してたらランクインでしょう。そんなもんです。
ビーチハウスやヴァクシーズは相変わらず優良な作品。
マイモジャのジム・ジェイムズもいかにもインディっぽくて結構素敵。
目新しい面子はアイドルズ。ぶっきらぼうで今時珍しいロックなタイプ。
ライとスピリチュアライズドは印象的なLIVE だった。また浸りたい。
でも最近はQUEEN ばっかり掘り起こしてる。影響され過ぎだわね。



nice!(15)  コメント(2) 

中おち丼と一口かつ定食 @ときわ食堂 [タベアルキ]

DVC00802.JPG

随分前高砂へ行った際のランチ。下書き放置状態。
金町駅前のチェーン店でサクッと食べるのは味気ないし、
知らない駅周辺を少しぶらぶらしてみました。
喫茶店もしくはラーメン?迷っていると自転車が多数駐輪している食堂を発見。
心変わりして入ってみたのが、ときわ食堂さん。
A定食「中おち丼と一口かつ定食」(720)をいただきました。

マグロのたたきは思ったりより多くて、ご飯の熱で脂が溶けていく。
ねっとりとした、滲みだす脂の甘さよ。これ久々の食感だ。
カイワレ大根、ガリやワサビと少しずつ味変する。
一口カツはほんとに一口サイズですが、あると無しでは全く違う。
コロモはちと固えが揚げたてのカツのうまみ、お肉も食べたいのだ。
小鉢の野菜とお味噌汁は素朴で懐かしい味。みるみるとご飯が減っていく。
これだけ揃っていれば味付海苔は必要なかったみたい。
自転車の数で決めたんだけどハズレじゃなかった。
ずばり朝から飲める食堂だ。B級グルメつまみ放題だ。
縁があればまた。ご馳走さま。



nice!(17)  コメント(0) 

モーニング @ cafe de FRAN [タベアルキ]

DVC00814.JPG

牛久のカフェ、カフェドフランさんでモーニングをいただきました。
トースト1/2、スクランブルエッグ、ミニサラダ&ポテトサラダ。
それとドリンクが選べて税込500円。
綺麗な盛り付けですな。小腹を満たす丁度良いボリューム。
モーニングは日曜限定のようだけど、コーヒー¥300 なので結構お得。
美味しいコーヒーを香りながら暫しボォーっとしてました。
さすがに朝っぱらから騒ぐひとは居ないからね、静かで落ち着く。
おっさんになるとさ、休みの日に限ってパッと目が覚めるよね。(^^ゞ
モーニングって息抜きにいいかも(逆にちょっと眠たくなるくらい)。ご馳走さま。



話変わりますけど、、、
「ボヘミアンラプソディ」遅ればせながらみてきました。
映画館そのものが超久々で、、、ちょっとね、、、おしりが痛くなりました。
泣きはしなかったけど、真剣にスクリーンと向き合っておりました。
フレディの半生、バンドの葛藤、同性愛、エイズ、ドラッグ、今だから語れることばかり。
ありきたりだけんど、映画館で観たくなる映画、見て損はなかったべ。
QUEEN のライブ再現爆音上映会でした。



nice!(15)  コメント(2) 

バケットカレー @まるなカフェ [タベアルキ]

DVC00766.JPG

音楽ネタは終わりましたのでおじさんランチに戻ります。
近所で手頃な洋食は無くなったので喫茶店めぐりへ。
牛久とつくばの端っこにある喫茶店、まるなカフェさんでランチ。
ランチメニューの一番上に載ってた、バケットカレー(1000)をいただきました。
サラダ、スープ付、ドリンクはカムカムジュースを選択。

バケットは自家製のよう、真ん中をくりぬいてカレーが注がれていた。
初めはふたの部分を手に取って、次はナイフで切り分けて少しずつ食べていく。
フルーツのような甘み香りが広がって、後からピリッとくるスパイスの刺激。
おぅおぅおぅ、結構辛いじゃないか。かわいい見た目と違って本格派。
具材はやわらか豚肉と、ニンジン、マッシュルーム、タマネギ、、、色々とゴロゴロ。
なんというか身も蓋も無いけど、、、贅沢なカレーパンでした。
辛みが甘いジュースとちょうど良いバランスで、もう一個パンが欲しいくらい。
お腹一杯にするには別メニューのカレーライスにするべきでしょうな。
開放感のあるカフェでした。ご馳走さま。(^.^)


nice!(16)  コメント(0) 

大野雄二&ルパンティックシックス with 不二子ちゃんズ ルパンジャズライブ [Live 2017~2018]

大野雄二&ルパンティックシックス with 不二子ちゃんズ ルパンジャズライブ
@越谷サンシティホール(2018/12/01)

「ルパン三世のテーマ」を作曲した大野雄二のジャズバンド。
本人はピアノ。ギター、ベース、ドラム、サックス、トランペット、オルガンのバンド編成。
さらに「不二子ちゃんズ」という女性コーラス3人が加わって10人の大所帯。

なんかね、メンバー紹介やら曲紹介やらMCがたっぷりあって、
ジャズバンドとは思えぬコミックバンドのような雰囲気でした。
が、いざ演奏が始まると本格的なパフォーマンス。
前半は新旧の歌モノが中心、コーラス隊のハモりで艶やかにパワーアップ。
後半はメインキャラのテーマへと巡る、主役のルパンは大トリ。
メンバーのソロ回し、特にトランペットとサックスのセンターを張る二人は圧巻だった。
手拍子しっぱなしでちょっと疲れた。会場は凄い盛り上がりだった。
ジャズってやっぱり面白いね、個性が丸出しになる。生で観るもんですね。


今年はこれで見納めの予定。
諦めたLIVE は数多くありましたが思ったよりも参戦できました。
まあ、その反動は大きかったけども。有給余ってんだけど休めねぇって何よ。
来年こそはいい年でありますように(たっぷり行けますように)。

DVC00821.JPG
アンコールの小さな旅も素敵だったべ。



nice!(17)  コメント(0) 

最近読んでみたBOOK 2018.11 [へなちょこレビュー]

murakami.jpg
村上海賊の娘 / 和田竜
のぼうの城、忍びの国、そしてこの作品も、
時代小説とは思えないぐらい読み易くて爽快感がある。
活字が苦手な私でも四冊読破できました。
ただ、注釈が1/3ぐらいはあって、ココで物語が止まっちゃうこともしばしば。
二回目に読んだみたらだいぶ早く読めました。
三回目はもっと早いかもしれません。


wagaya_.jpg
ようこそ、わが家へ / 池井戸潤
サラリーマンの悲哀を描いたら職人芸のような感じ。
下町ロケット、半沢直樹、といった人気シリーズと比べ地味ですが、
一市民の誰でも起こりそうなドキリとする展開に。
めでたしめでたしで良かった っとちょっぴり感情移入しちゃった。


tyuumonn.jpg
注文の多い料理店 / 宮沢賢治
昔みやざわけんじの絵本とかあったよな。懐かしくて手に取ってみたけれど、
生まれた時代が数十年違うだけで原文の活字の流れに乗れない。
その都度突っかかるというか戸惑いますね。日本語勉強しなくちゃ。
自然のなかにとけこむ表現力がとても豊か。擬音とか心境とか。リズム感が良い。
童話集だけど単に子供向けではないよね、芯の通った死生観があります。
大きくなってからの方が親密になっていくような感じ?
いちいちいろいろ考えちゃうと「文学」みたいになってしまう。やめとこ。
いまは銀河鉄道の夜を読んでます。がんばります。


forever_.jpg
FOR EVER / JUNGLE
セカンドアルバムは、2人から7人編成にビルドアップ。
打込み系のファンク・ベッドルームミュージックがスケールアップ。
ギターのみならず多様な音色とファルセットボイスの甘いハーモニー。
実験的な楽曲をいざ人前で演奏することになったら
あれやこれやと必要になったのかも。音楽家としていい兆候ですね。
生音に魅了されていくのは RYHE とおなじようなパターンかな。


ひさしぶりのひとこと感想。
ゆれる電車で本を読む。乗り物酔いしなくなりました。
CD は買っているけんど買ってそのままでした。
聴くことから集めることへすり替わってます。
何もない連休中に封を切って消化しているところ。(^^ゞ



nice!(17)  コメント(0) 

カキフライ定食 @たちばな [タベアルキ]

DVC00800.JPG

牛久駅そばの昭和な風貌、うなぎ・天ぷら たちばなさんでランチ。
カキフライ定食 (900)をいただきました。
ボードに書かれた「カキフライ」の文字に引き込まれた。
もうそんな季節だ、こないだまで夏日だったような。(-_-;)

カウンター越しにじゅわ~と揚げる音がはっきり聞こえて待ち遠しくなる。
おおきめカキフライ×4が登場。ソース、辛子、レモンでいただく。
キャベツノセンギリ、トマト、レタス、ブロッコリー、ユデタマゴ1/2、金時豆、漬物、柿。
コロモは薄くてカリッと、本体はやわらかでトロッと生のよう。
揚げたてならではの嬉しい食感、最初の一口はご飯よりも熱い。
フライであたふたしながら副菜に端を延ばす。
ご飯をほおばり、しじみの御御御付けを流し込む。
するっとなくなっちゃて、柿で〆る、お茶をすする。腹八分目。
野菜も取れてバランスのいい昼食も必要よね。怠惰な自炊を鑑みる。
魚介に目が効いて素材が良いし調理法も手を抜かない。
目新しさ華やかさはありませんが、たまにはいいですね。ご馳走さま。


会社の健康診断に引っかかってしまって、
しぶしぶ病院へ行ったところ、ドラッグ 処方箋と減塩節酒だそうです。
これからの季節、ラーメンやら飲み会やら暴飲暴食は避けなければ。(-_-;)


nice!(16)  コメント(2) 
前の10件 | -