So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

N響「夏」2019 [Classic]

N響「夏」2019 @NHKホール(2019/07/19)

当日券があったので、結局来てしまった。
NHK交響楽団による夏恒例のコンサート。
気鋭の演奏家を呼び寄せてさ、
超有名な交響曲を堂々とやっちまうのが良いよね。
もぎたての夏野菜のような新鮮な感じがするもんね。
ピアノ協奏曲かっこよかったっぺ。
今月二度目のクラシックコンサートは、きりっと軽快、優雅でした。
最近ちょいと通い過ぎかもしれないけれど、、、
いざオーケストラの生演奏が始まると、、、
MUSIC に集中して無になる、無心になる瞬間があるのよ。
これが日常では感じない、スッキリ感があって気持ちいい。

【曲目】
指揮:ディマ・スロボデニューク
ピアノ:シモン・トルプチェスキ
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18
シベリウス/交響曲 第2番 ニ長調 作品43

DVC00907.JPG
マケドニア出身のシモンさんは日本語で挨拶してくれました。
13年振り2回目の来日なんだとか。
さくらさくらを歌うピアニスト。アンコールが一番強烈だった。(^^ゞ


nice!(16)  コメント(0) 

オムライス @キッチンチェック [タベアルキ]

DVC00896.JPG

東京芸術劇場へ行く前にちょっと腹ごしらえ。
キッチンチェックさんでオムライスをいただきました。
平日 1400-1700 はお味噌汁が付いてタイムサービス800円。

付け合わせはポテトサラダと、
オニオンドレッシングのフレッシュサラダ。
たまごが均一に包って綺麗、まさに洋食屋のオムライス。
ごはんの具材は、ベーコン、ピーマン、タマネギ、マッシュルーム。
ちゃんと食感が分かる、それぞれ存在感がある。
ケチャップとデミグラスが掛かっていて、味しっかりめ。
ソースの付いていないところは、玉子焼きの優しい味、ここも好き。
出来立てアツアツを頬張る。シンプルで美味い。やめられなくなる。
こういう一皿が自分で作れたらとつくづく思う。
あっという間に食べちゃうけど。(^^ゞ


日本のプロ野球の話。
オールスターゲームをぼんやり見てました。ダラダラ感がお酒に合う。
前半戦あまり見てなかったけど、巨人いつの間にか首位になってる。
上原は引退しちゃったし、新戦力で活躍しているのは丸選手ぐらいか。
これが昨年ヨシノブ監督でできたなら。阿部が引退する前に観に行こうかな。



nice!(18)  コメント(0) 

響きあうアジア2019ガラコンサート [Classic]

響きあうアジア2019ガラコンサート@東京芸術劇場(2019/07/01)

ベトナム、タイ、フィリピン、インドネシア、ミャンマーのオーケストラと、
時々、日本の高校生(吹奏楽部)が現れる特別編成のクラシックコンサート。

司会の朝岡さん(元アナウンサー)が流暢で会場内を和ませる。
演奏者とのこてこてな絡みに加え、曲紹介がとても分かりやすい。
博識のない素人には司会付って楽チンだね。
本公演のプログラムは勇ましい重厚なものが並んでました。
小林氏の特別な指揮でいっそう情熱的に+混沌的なりました。
これこそ東南アジアの熱風なんだとか。とことん長所を伸ばすタイプかも?
そう言われると、なんとな~くオリエンタルっぽく聴こえたし、
ラストの大序曲「1812年」は総勢80人ならではの大迫力で感動。
お堅い文化交流事業の催し物であるけれど、ちゃんと娯楽として楽しめた。
梅雨空を払いのける、否、よりムシッとさせる変なエネルギーを帯びてました。

【プログラム】
指揮:小林 研一郎
ヴァイオリン:瀬﨑 明日香
司会:朝岡 聡

ヴェルディ:「アイーダ」より“凱旋の行進曲”
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
シベリウス:交響詩「フィンランディア」
小林研一郎:「パッサカリア」より“夏祭り”
・・・休憩20分・・・
ベートーヴェン:「エグモント」序曲
チャイコフスキー:大序曲「1812年」

DVC00901.JPG
演奏者あるいは指揮者によって会場の雰囲気って全く変わるね。
上手いヘタじゃないよね。クラシックコンサートの再発見でした。



nice!(14)  コメント(0) 

最近聴いてみたCD 2019/06 [へなちょこレビュー]

気が付けば2019年も折り返し。早すぎだっぺさ。

887828042821.jpg
The Art Of Pretending To Swim / Villagers (2018)
ヴィレジャーズの4作目。昔見たときは地味に感じたんだけど、
これまでで一番、コナー・オブライアンの個性が出ているかも。
明と暗、曲のジャンルにとらわれない、スルメな作品。


zaP2_G8384357W.jpg
The Balance / Catfish and the Bottlemen
ぶっきらぼうで、どこか斜に構えているイメージだったのだが、、、
今回はさらに王道だ。骨太なロックだ。どこまでひねくれているのやら。
個性的なボーカルにギターとストレートで爽快、聴いてて気持ちいいです。


zaP2_G2936203W.jpg
Father of the Bride / Vampire Weekend
前作から6年も経てば当然変わるか。さわやかさとピースフルな雰囲気。
内に籠るインディっぽさから脱却、外へ解放するポップへ。
アク(アフロっぽさ)が消えてすっきりしちゃった。
彼らの分岐点になりそうな作品。


zaP2_G2931702W.jpg
LIVE IN BUENOS AIRES/ LIVE IN SAO PAULO/
A HEAD FULL OF DREAMS (FILM) [2CD+2DVD]
Coldplay のライブ映像とドキュメンタリー映画の2本セット。CD付き。
スゴイな、ど派手な演出、多幸感、主流のEDMに勝っているな。
それこそ2003年のLIVE DVD から見続けているけども、もぉもぉ代表曲だらけ。
これが集大成であり通過点でもあるのね。


うすうす感じてはいるけれど、ここ数年は新鮮さよりも、
偏移(変化)に気を取られてばかり。初見の感想も一緒になっちゃう。
好みのミュージシャンはなかなか発掘できなくなった一方で、
流行のPOPSはちょっと違うんだよなって感じることが多くなった。


nice!(17)  コメント(0) 

シーフードとほうれん草のカレー @DIPIKA [タベアルキ]

DVC00669.JPG

牛久のネパール料理店 DIPIKA さんでランチ。
Bセット(ドリンク、サラダ、ナンお替り自由、800)をいただきました。
日替わりのシーフードとほうれん草のカレーを辛口で、飲み物はラッシー。

ここのシーフードカレーは初めて食べました。
ほうれん草のペーストがまとわりついてよく分かんなかったけど、
エビがメインで、アサリ、イカなど?が入ってました。
ちいさな具材のわりに海鮮の風味が味わえた。
辛口でもまろやかな刺激でヒリヒリ感もそれほど残らない。
ナンは30センチを超える大きさ、ほんのり甘くてもちもち。
とにかく焼き立てはパリッとして旨いわ。
で、ちょっとルーが余っちゃって、さらにハーフサイズをお替りしちゃった。
うん、でもこれが、、、余計だったみたい。しばしお腹が張って苦しかった。
きっと胃の中でパンパンに膨張しているに違いない。
たまに食べるとほんと美味い、でも配分がメチャクチャだったね。
いい加減自分の歳考えないと。ご馳走さま。(^^ゞ


サマソニのステージ別ラインナップが発表されました。
っていうかとっくにチケット売り切れてたのね。気付かんかった。
売り切れってわかるとちょっと欲しくなるよね、
まぁ深夜枠のつもりだったからいいけどさ。
とりあえず夏をどう過ごすか、そろそろ考えておかないと。



nice!(17)  コメント(0) 

チーズとトマトのハンバーグ @キッチン ポンム・ドゥ・テール [タベアルキ]

DVC00800.JPG

竜ヶ崎の洋食屋、キッチン ポンム・ドゥ・テールさんでランチ。
初めてだったのでオススメ(日替わり)をいただきました。

「チーズとトマトのハンバーグ」 (スープサラダライスソフトドリンク1300)

こじんまりとした店内にご主人ひとり。
ご主人に注文を告げると、颯爽と厨房へ戻って料理開始。
キッチンからたたく音、焼く音とか匂いとかダイレクトに伝わる。
最初にスープ皿到着。さいの目状の野菜がてんこ盛なコンソメタイプ。
スープをすすりながら待ってるとハンバーグetc も到着。
まんまるハンバーグはふわっと柔らながら、ぎゅっと詰まっている。
チーズがとろけてその上から濃厚なトマトピューレがたっぷり。
トマトと肉汁の組み合わせって結構好きなんだよね。
チーズの塩気とペッパーが効いてしっかりと力強いような味付け。
付け合わせのダイコンなんかも中まで味が浸みて美味い。
サラダ、スープ、食後のドリンクどれもなかなかのボリューム。
食後のカフェオレでまったりと外を眺めておりました。この時間が至福だ。
野菜もとれたしね、おじさん好みの充実したランチだった。ご馳走さま。
牛バラのシチューとかポークカツのデミソース丼も食べてみたい。



nice!(15)  コメント(0) 

大野雄二&ルパンティックシックス LUPIN JAZZ LIVE [Live 2019~]

大野雄二&ルパンティックシックス LUPIN JAZZ LIVE
@ 牛久市中央生涯学習センター(2019/06/02)

つい半年前に観ましたけど、、、
わざわざ茨城牛久に来てくれるということで、行っちゃいました。

メンバー紹介と物販宣伝とご当地ソングは鉄板ネタなんですね。
二回見ることでコミカルな進行がネタバレしちゃった。
ちなみにご当地ソングは牛久音頭。お祭り気分。それから
イッシー、ミッチーと子供の声、連呼連呼、なんかすごい掴んでる。
場内を確実に盛り上げるエネルギーがあります。
何度見ても楽しいのは間違いない。

ピアノ、ドラム、ベース、サックス、トランペット、オルガン、ギター。男7人体制。
コーラス隊が居ないので歌モノは金管楽器でカバー、おそらくこれが本来の姿。
センターのサックス、トランペットは真面目そのもの。バックのベテランが場を盛り上げる。
バンドとしての連帯感、役割分担がちゃんとあるのだ(ギターは大変だよ)。
不二子、銭形、五ェ門、次元、ルパン、今回は全部聴けた。
アンコールではカリオストロの2曲、ピアノの弾き語りはやっぱり沁みた。
オイシイところは本人が持っていくね(当り前だけどね)。
日曜日の午後、スウィングしたっぺ。

DVC00888.JPG
令和になってからチケット買ったので1階特等席は売り切れ。でも
2階席から俯瞰で見るとシックスの決めポーズとか、客イジリもよく分かる。


nice!(17)  コメント(0) 

生姜焼き @デリカップ [タベアルキ]

映画鑑賞の後はちょうどランチタイム、お店を探しに歩き出す。
が、休日のお昼時はどこも並んでて、あぁ駅前から離れていく。
思わぬランチ難民状態、で、たどり着いたのがレトロな喫茶店。

デリカップさんでランチの、生姜焼き(890)をいただきました。
豚さんは細切れタイプ、タマネギ、それからピーマン入り。
生姜が効いて、小さいながらこのピーマンの苦みも主張してきます。
サラダも和風ドレッシングで味付けに一体感がありました。
ごはんは普通盛り、お肉より野菜が多くて意外にヘルシー。
でも味噌汁(スープ)が無かったのが盲点だったわ。ちょっと残念。
ドリンクは食後だし、それならサンドウィッチの方が良かった?
否否、上映前に見つけてモーニング?あとから幾つもパターンが思い浮ぶ。(^^ゞ

食べ終わって影の主役、アイスコーヒー登場。
キッチンにはサイフォンがずらっと並んでいた。
ストローから直で香りがとてもよく広がる。味もずっしりストレート。重い球[野球]
こうなったらミルクとガムシロップも入れて禁断の甘口モードに、でも後味スッキリ。
日差しがすごく強く30℃近い暑さを歩いてきたからね、
癒されます。疲れが取れます。美味しかった。ご馳走さま。

DVC00886.JPG
DVC00887.JPG



nice!(14)  コメント(0) 

生オケ・シネマ チャップリン [Classic]

新日本フィルの生オケ・シネマ @すみだトリフォニーホール(2019/05/25)

新日本フィルハーモニーによる生演奏付きの映画上映。
チャップリンの「担へ銃」と「キッド」の二本立て。

無声映画(パントマイム)と生演奏ってとても合いますね。
スクリーン下に陣取るオーケストラは完全に溶け込んでました。
大砲の効果音とか細かいところまで全部再現していて、
画面に集中できる相思相愛のような関係。
チャップリンは子供の頃以来。画像がクリアになってました。
途中で寝ちゃうんじゃないかと思ったけど、全くそんなことなし。
可笑しかったし感動した。もう忘れちゃうからね、昔の映画は。
へたな映画よりもよっぽどマシ。ホッコリする贅沢な映画鑑賞でした。
こういう上映スタイル好きになりそうです。

DVC00883.JPG


nice!(17)  コメント(0) 

2色2枚もりそば @嵯峨谷 渋谷店 [タベアルキ]

DVC00866.JPG

無性におそばが食べたくなったので、嵯峨谷 渋谷店さんへ寄り道。
つゆ2種類の2色2枚もりそば(570)をいただきました。
立ち食いチェーン店でお手頃、ちゃんとした十割蕎麦です。
十割のため太麺、しっかりとした食感、そんでツルっとしてる。
いつもは蕎麦に山葵のっけるのが好きなんだけど、ゴマダレも面白い。
初めて食べたゴマタレはまさにゴマそのもの、蕎麦の風味よりも強烈。
七味入れたり、無料のワカメ加えたり、2枚目も美味しい。
最後に蕎麦湯で〆。もりそば2枚あればお腹も一杯。ご馳走さま。

ちなみにプレモル160円也。いま節酒中なのでビールは我慢我慢。
が、隣りのオッチャンがガッツリ飲んで、チョイ飲みどころか、まさにせんべろ。
家の近所にあったら毎週通っちゃいそう。(^^ゞ


深夜ドラマ、きのう何食べた?がとっても面白い。
原作は完全にスルーしてました、その魅力に気づかなかったなぁ。
内野聖陽のちょっとしたしぐさや、セリフの掛け合い、とか。
あれくらい料理できると胃袋掴まれちゃうね。
たまに自炊するけども、、、果たしてあのレベルまでやれるだろうか?
先ずはよく切れる包丁買わないとね。

nice!(13)  コメント(0) 
前の10件 | -