So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

三度目の車検

BMW MINI R50 の車検なんとか終わりました。
中古で買ってすぐ手放そうと言っていたのに、
知らず知らず愛着が沸いちゃって七年目突入です。
消耗品の交換は致し方ないにしても、
昨年から足回りはほとんど買い替えました。
いずれ替えなきゃいけない部品はまだあるそうです。
延命処置にお金かけすぎ。
お洒落な洋服やらいっぱい買えるじゃんね。
好きな車に乗れば運転も好きなるかなと思ってたんだが、
今やほとんど通勤にしか使っていない。なにやってんのよ。
そもそも車無しで生活できないってツライね。(-_-;)

車検+オイル交換など 105000
タイヤ交換 70000
バッテリー交換 20000
フロントボアーポールジョイント交換左右 63000

DVC00843.JPG
ちなみにタイヤはミシュランから国産タイヤに変更。
スポーティな乗り心地から、ソフトな感触でおとなしくなっちゃった感じ。
通勤用仕様です。低燃費かどうかは実感できないけど。


nice!(13)  コメント(0) 

最近聴いてみたCD 2019/03 [へなちょこレビュー]

5052442014584.jpg
Olympus Sleeping / Razorlight (2018)
レイザーライト、10年ぶりの新譜。
オリジナルメンバーはジョニー・ボーレルしか居りません。
新生レイザーライトといえばいいのか、錆が取れてフレッシュになったのか。
ギターロックの爽快感と秀逸なソングライティング。
名前で買ってみたら、期待以上の出来栄えでした。おかえり。
誰が聴いても明快なロックバンドたる一枚。


zaP2_G2932116W.jpg
Why Hasn't Everything Already Disappeared? / Deerhunter
ディアハンターの新譜はかなりレトロな印象。
アルバム全編に使われるハープシコードのせいかな。
今までになかった世界観と、これまた美メロである。
LIVE での雰囲気も変わったし脂が乗った充実期なんだろね。
車内でヘビロテしてます。早くも年間ベストTOP10入り候補。


zaP2_G2933204W.jpg
Ex:Re / Ex:Re
ドーターのヴォーカル、エレナ・トンラのソロ作品(エクス・レイ名義)。
LIVE 見たからね、せっかくだから買ってみた。
ボーカルとストリングスが響き合うシンプルな構成。
綺麗な声で淋しい歌を歌っています。随分渋いよなぁ。
対訳歌詞を読んでみてやっぱり女性向きなのかな。


なんだかほんとにもう、CD国内盤って出回らないのね。初版で廃盤。
贔屓にしてたホッテスさんも輸入盤がメインになってしまった。
いわゆるフィジカルそのものがレアになりつつあり、
一方でレコードやらカセットテープやら扱いにくいものが重宝される始末。
ジャケットがある中で、CDが一番楽チンなのに。
予想よりずっと早いスピードで世の中変わっているように感じる。
過去に愚痴ったかもしれんが、あぁぁぁとうとう取り残されちゃった。



nice!(15)  コメント(0) 

豚肉 玉ネギ・ニンニク炒め @月出里(すだち) [タベアルキ]

DVC00832.JPG

牛久の、和定食屋 月出里(すだち)さんでランチ。
「豚肉 玉ネギ・ニンニク炒め」をいただきました(700)。
サラダ、お新香、生卵、豚汁、ご飯オカワリ無料、コーヒーサービス。

調理を始めるとニンニクの香ばしい香りが店内に広がる。
お肉は柔らかく、玉ねぎはシャキッとしてる。
見た目は生姜焼きだけど甘辛な焼肉風味でした。
ニンニクたっぷりスタミナバッチリですね。
豚汁は根菜やおふの入ったけんちん汁のような感じ。
サラダもブロッコリーパプリカトマトキュウリレタスと豊富。
お皿もお椀も一回り大きくて食べ応えがある。
ごはんは卵をかけてするっと流し込み、おかずより先に完食。
それを見たおかみさんに勧められるままお替りです。
結果お腹パンパン、すごいことになってしまった。
お値段はいつもと変わらず700円。
お腹にやさしい、じゃなかったお財布にやさしい。
たまに寄りたくなるお店。ご馳走さま。



nice!(18)  コメント(0) 

骨付きチキン @イエロースパイス [タベアルキ]

DVC00842.JPG

銀座のスープカリー屋、イエロースパイスさん。
骨付きチキンのスープカリー(1080)をいただきました。

メインのチキンは柔らかくて骨から楽に取れました。
骨のまわりが結構好きなんだよね。
辛さは10段階のうちの下から4番目。旨~い辛口とありました。
豆乳を加えた白のスープは口当たりはまろやかでしたが、
あとからあとから汗が出てくる、ティッシュでおでこを拭く、
素揚げの野菜で味覚を元に戻す、またスープを飲む、の繰り返し。
(カボチャナスニンジンインゲンジャガイモゴボウヤングコーン&タマゴ1/2)
辛いと分かっているのにスプーンが止まらない。
アッパーリミットぎりぎりの病み付きになる感覚。ご馳走さま。
美味しく食べられるのはこのレベルまでだな。
この上行くと多分痛みが生じるでしょ。(^_^;)



nice!(13)  コメント(0) 

TEENAGE FANCLUB @ Zepp DiverCity Tokyo [Live 2019~]

TEENAGE FANCLUB @ Zepp DiverCity Tokyo 2019/02/04

バンド結成30周年!
グラスゴーの至宝ティーンエイジ・ファンクラブのアニヴァーサリーツアー。
まぁでもあたしは、『Shadows』『Here』から入った にわかファンです。

3 人のSW&Vo のなかでジェリーが脱退してしまい、
生のコーラスが少なかったのが残念ではありましたけれど、
30周年ということで、新曲からレアな昔の楽曲まで幅広く演奏してくれた。
ヒリヒリした緊張感も、アツアツな発狂も、ど派手な演出もありません。
アットホームというか非常にリラックスした雰囲気。
美メロな良質のギターロック・ポップから幸福感をつくりだす。
はじめて観たのに妙に懐かしい気分になった。
ベテランだからこそできる所業だよね。お台場まで行ってよかった。

DVC00849.JPG



nice!(13)  コメント(0) 

ポーク生姜焼肉・ミニハンバーグ @コーヒー&レスト ユーモア [タベアルキ]

DVC00815.JPG

牛久の、喫茶店ユーモアさんでランチ。
片道徒歩30分、、、っと運動不足を何とかせねば。(-_-;)
「ポーク生姜焼肉・ミニハンバーグ」をいただきました(ライススープコーヒー900)。

ポーク生姜焼きは、チンゲン菜、人参、タマネギたっぷり。
どちらかというと豚さんよりも野菜が目立つ。
野菜の甘さが出て、思ったよりもあっさり目で食べやすい。
ミニハンバーグは通常の半分サイズ。
ハンバーグが売りなようなので、他の定番メニューにも付いてきます。
こちらもサラダがちゃんとついていて、名前のわりにヘルシー。
自家製ソースがたっぷりかかってライスとよく合いますね。
おかずの量に合わせたらライスは大盛りの方がバランスが取れるかも。
どんぶり山盛りってわけじゃないから、恐れることはありません。
歳を重ねてから、ごはんものが好きになるっていう意外な展開。
最後はコーヒーをブラックで温まる。口に残る香りが好き。
なぜだかお店で飲むコーヒーは美味しく感じるね。ご馳走さま。


一応音楽の話も。
2019年のサマーソニックは3日間開催なんだとか。
2020年は東京オリンピックのため開催不可能らしい。
そういうのもあって、ウ~ン、行けるうちに行ってみるべきか。
深夜枠ってあんのかな?そこが気になる。



nice!(13)  コメント(0) 

4AD presents Revue @ O-EAST [Live 2019~]

4AD presents Revue
DEERHUNTER, GANG GANG DANCE and EX:RE
SPECIAL GUEST DJ: 4AD LABEL BOSS SIMON HALLIDAY

ディアハンター、ギャング・ギャング・ダンス、エクス:レイ の3組が出演する
4AD ショウケースに行ってきました(2019/01/23)。


EX:RE
ドウターよりも暗い、繊細さが増して、孤独だわね。
ふたりのマルチプレイヤーが楽器を持ち替えて、DIY的ミムマムな演奏。
おなじように見えて、ダークな色彩の配合パターンをいくつも持っている。
こういう季節によく似合う。


GANG GANG DANCE
CD で聴くのとLIVE で観るのとでは大違い。
打込み系ではない、肉体的アナログから産み出すサウンド。
呪術的な姿と歌声で独自の世界観。エネルギーに満ち溢れている。
艶めかしいLIVEでした。


DEERHUNTER
エフェクターのセッティングが上手くいっていないようで、
ブラッドフォードはキレてかなりオカシクなっていました。
ギター音源にはかなりこだわりがあるようで、終いにはベースに持ち替えたり。
ちょっとどうなることかと心配にはなりましたが、
ノイズなしの真っ当な歌声を聴けば、甘美なメロディだということに再認識させられ、
轟音の大洪水に飲み込まれたら、もっと欲しいっていう中毒性になる。
これを待ってたんだよという大変満足な気分になれた。
ロックを、、、ちゃんとやれば、カッコいいのよ、ホント。
あと新曲がとても良かった。1時間なんてあっという間だね。


DVC00839.JPG
最後は3組揃い踏みで大団円。カオスで変な曲だったけど。(^.^)



nice!(11)  コメント(0) 

煮込みハンバーグとキスのフライ @クックdeアムール [タベアルキ]

DVC00822.JPG

牛久の、クックdeアムールさんでランチ。
日替わりランチ「野菜たっぷり煮込みハンバーグとキスのフライ」
(コンソメスープ、サラダ、ライス、880)をいただきました。

煮込みハンバーグはとってもやわらかで優しい口溶け。
お肉が隠れるぐらいたっぷりかかったデミグラスソースには、
牛蒡人参タマネギ等、見た目じゃ分らなかったけども野菜がいっぱい。
野菜の歯ごたえとほろ苦いソースが印象的。
キスのフライはパン粉がサクッと、身はふんわりとこちらも対比する食感。
酸味の効いたタルタルソースが美味い。卵の濃厚さ。
一口二口で食べてしまうのがもったいないくらい。
付け合わせのキャロットやポテトは2つのソースを絡めて食べちゃった。
全部美味い。私好みの洋食ランチ。ご馳走さま。

一時休業されていただけに、ありがたみがあるわね。
都会に住んでると笑われそうだけども洋食店が皆無でね。
復帰してもらって良かった。



nice!(12)  コメント(0) 

つくば鶏もも肉のソテー @ふらんす食堂 CHEZ Nakajima [タベアルキ]

DVC00760.JPG

牛久シャトーのレストランは2018年いっぱいで閉店。
牛久駅周辺の飲食店舗は年々減る一方、安否確認をかねて、
ふらんす食堂 CHEZ Nakajima さんへ再訪。

今回も「つくば鶏のもも肉ソテーに粒マスタードソース」(1080)。
以前はお肉もかわっていたんだけど、チキンソテーに固定されたよう。
プラスアルファで別メニューもあるそうなんですが、、、、
予算オーバーになっちゃうんで。もう日替わりランチとは言えないね。(^^ゞ
ちょっと残念。時の流れはあるわね。ディナーに来なきゃダメみたい。

皮はこんがりと、肉はふっくらと焼きあがっている。
やわらかくてナイフは要らないな、割り箸でいただきました。
サラダもその方が食べやすいし。
あいかわらずキノコと粒マスタードのソースは美味しい。
温められたパンはこのソースとよく合います。ご馳走さま。
珈琲で一服して、これはこれで良いんだけれど、、、、
おばちゃんの巣窟になってました。やむをえないか。(-_-;)


悪口ばかりになっちゃって申し訳なく候、話題替えます。
ボヘミアンラプソディをお正月に二度目見ました。
ただ単に、、、再び LIVE 疑似体験をしてみたかったのです。
QUEEN ってバンドを映画見るまできれいさっぱり忘れてましたね。
こういうきっかけってとても貴重なんですね。
なんて魅力的なんだろうって思うとともに、幻聴が鳴り止みません。
職場でしゃべってみたけれど、見た人ゼロでした。くぅ~(T_T)



nice!(15)  コメント(2) 

《響の森》vol.43 ニューイヤーコンサート 2019 [Classic]

ニューイヤーコンサート 2019 @ 東京文化会館 2019.01.03

毎年恒例の新春クラシック。
今年は新日フィルではなくて、都響のコンサートへ。
ポロネーズで新年らしく明るいスタート。
サクソフォン協奏曲はサックスとオーケストラの掛け合いが良かった。
ジャズっぽい要素が盛り込まれた現代音楽でした。
ジャズとかジャズっぽいとかいうフレーズに弱いっす。面白かった。
交響曲第4番はピチカートのところでちょっと眠くなっちゃったんだけど、
第4楽章?の号砲でビクッとなってから、フィナーレまでの盛り上がりは高揚しましたね。
すべて初見だったので新鮮ではありましたが、、、
サイド席だったため首を終始横にキープしていて、姿勢がおかしくなる。
肩こり持ちにはちと辛かったです。映画鑑賞と同じくポンコツっぷりが身に染みる。


【プログラム】
演奏 東京都交響楽団
指揮 川瀬賢太郎
サクソフォン 須川展也

チャイコフスキー:歌劇『エフゲニー・オネーギン』より「ポロネーズ」
グレグソン:サクソフォン協奏曲
チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調 op.36
ソリストアンコール:ドゥーン河のほとりにて(アイルランド民謡)

DVC00826.JPG
初めて入った東京文化会館。なかなか個性的な構造でした。
これで行ってみたかった都内のホールはだいたい制覇。
B席はリーズナブルだけど、高所恐怖症の人には不向きだね。奈落へ落っこちそう。
来年はどこのコンサートにしようかね。


nice!(17)  コメント(0) 
前の10件 | -