So-net無料ブログ作成

♯585 ジェイド <サントリーホール・シリーズ> [Classic]

新日本フィルハーモニー交響楽団 第585回 定期演奏会 ジェイド
@サントリーホール(2018/03/17)

しばらくLIVE が無いので、代わりにクラシックコンサートへ。
場所はサントリーホール、一度訪れてみたかったところです。
すり鉢状で天井高く気品がありました。スタッフが燕尾服なんだ。
音が全方向に飛ぶ、どの席からも近く感じる、ちょうど良い空間。

今回は指揮者自らが作曲したオーガニック三部作。現代音楽です。
テーマである水、紙、大地(陶器)をそのまま楽器として活用していた。
水をぴちゃぴちゃ、紙をがさがさ、奏者が思い切りかき鳴らしている。
心地好いハーモニーよりもパフォーマンス重視。
不協和音、不規則なリズム、どうにも乗れなくて硬直することも。
自然現象とか催事なんかを丸呑みしたような印象だった。
最終曲は壺や植木鉢のような陶器と、
オカリナみたいな笛を起用しちゃんと音階がありました。
オーケストラと溶け込んで、ふつうに聴けましたよ。

空席が目立っていたし、途中で退席するオッチャンもちらほらいた。
現代音楽とクラシックは別物で好みが分かれるところであるが、
胡散臭さ、新しいアイディアを大真面目に奏でている姿が可笑しいのよ。
カラダは乗れずもココロでニヤリ。
新日フィルさん よくやったよ (^.^)


指揮:タン・ドゥン
パーカッション:ベイベイ・ワン、藤井はるか、ジャン・モウ、柴原 誠

タン・ドゥン:オーガニック三部作
Tan Dun’s Organic Music Trilogy
水の協奏曲 ~ウォーター・パーカッションとオーケストラのための~
Water Concerto for water percussion and orchestra
紙の協奏曲 ~ペーパー・パーカッションとオーケストラのための~
Paper Concerto for paper percussion and orchestra
【日本初演】
大地の協奏曲 ~セラミック・パーカッションとオーケストラのための~
Earth Concerto for ceramic percussion and orchestra


DVC00657.JPG
紙のドラムと紙の垂れ幕を揺らして叩いて擦って破って。



nice!(12)  コメント(0) 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。