So-net無料ブログ作成
検索選択

第692回東京定期演奏会 [Classic]

第692回東京定期演奏会<春季> @ 東京芸術劇場

日本フィルの定期公演にいってきました (2017/07/08)。
ラヴェルのこの曲がもう一度聴きたくて。
左手しか使わない縛りが、ピアニストの演奏をダイナミックに魅せる。
独特のリズム進行とジャズっぽいのが好き。
「ツァラトゥストラはかく語りき」は初モノ。
映画で使われた冒頭部分しか知らなかったです。
優雅だったり、キラキラしたり、不規則にゆれて鐘の音で終わった。
思いのほか長編で複雑で大曲だったのね。
それと広上氏の指揮っぷりはあいかわらず面白いな。JUMP!JUMP!
彼の動きをまじまじと観察すると初めて聴く曲でもヒントになるもんね。
あたしみたいな素人にはうってつけだ。

五月から三ヵ月連続でコンサートへ来てしまったべ。
あれっ、クラシックがこんなに好きだったっけ。
終わって暫くしたらまたチケット探しているもんな(アホみたいに)。
ココロの病みがくすぶっている?キリがないから自重せねば。


指揮 :広上淳一
ピアノ:ジャン=エフラム・バヴゼ
演奏 :日本フィルハーモニー交響楽団
モーツァルト :歌劇《魔笛》序曲
ラヴェル :左手のためのピアノ協奏曲
R.シュトラウス:交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》

DVC00368.JPG
アンコールは右手も使ってました。



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0